口元のにきびは痛いし治りづらいし弱る…

世代に一度ほど、口元に面皰ができることがあります。
くちびるという表皮の境目くらいにできる、白くてぷっくり膨らんだ面皰だ。陰気臭くてたまりませんが、口元なのでオロナイン軟膏や普通の面皰薬を塗るわけにもいかず、つぶすのも怖くてできません。

ダラダラ調べてみると、口面皰専用の薬も見つかりました。それでも、適切フィーがするので、堅持を耐えるうちに低く、目立たなくなってきました。

口面皰の原因は、腹部の不調だと言われていますが、面皰ができた辺りはどうにも腹部の様相が悪かっただ。
身の回りでちょっとしたシチュエーション変化があり、それが原因でフラストレーションが止まり、そのフラストレーションが腹部をひどくし、腹部の崩れが面皰を引き起こした…。

考える前までは、面皰の原因は油の取りすぎだと思っていましたが、精神的なものが面皰を発生させるポイントとなることもあると知って、びっくりしました。

放置していた口面皰はなぜ治ったのか。おそらくはシチュエーションの変化になれて、フラストレーションがたまらなくなり、腹部がぐっすりなって、自然に治っていうのだと思います。

ただ、白い部位が乾いて知らないうちにとれただけかもしれませんが、治ってから数日たっても再発する気配はない結果、恐らく治癒したのでしょう。

口元に面皰ができたら、自分の脳裏や健康を見直すことが大事かな、としてある。http://www.codytapp.com/